タグ :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告  [--/--/--(--) --:--]
 シャフト制作アニメの第3シリーズが満を持してスタート。
hida30101hida30102hida30103
 最初のカットはうめてんてー。
 筋から離れてる時の宮子の動きがおもしろいんだなぁ。
hida30104
 オープニングは動きが少ない。6人Verがあるんだろうか。


 個人的ハイライトはこのシーン。
hida30105
 ヒロと沙英の百合百合ではなく、その後ろの「大家さん(CV.サワシロン)の鼻歌」だ!

 『はい、手を動かす♪』
hida30107

 ヒロ「沙英に始めて会った時、とっつきにくそうかなって思ったのよ」

 『まあ、たしかにね♪』

 ヒロ「何も思わなかったってわけじゃないでしょー?」

 『そりゃ、ないでしょー♪ ないでしょー♪ 言っちゃいな♪』

 沙英「……砂糖菓子みたいな女の子だなって……」
hida30106

 『…………』
hida30108

 

hida30109
 カウントダウンも新年度Ver

 終盤の新入生との対面シーンは好きな演出。原作で描かれているのはご飯から帰るまでで対面する場面は無い。アニメでも完全に描写するわけでなく、会話だけで初対面の表情は各々の想像で補完させている。そのかわりの背景は写真。その写真は徐々に打ち解けてゆく過程(原作なし)が示されている。出逢いと打ち解けてゆく場面が並行するシーンは、簡潔ながら強烈に印象的だった。

 エンディングはこれまでと違ってアップテンポ。番組が終わる頃の季節とリンクしている。次回の「オリーブ」って美容院ネタだから、これからは新年度と旧年が混在していくんだろうか?

 新入生の一人、乃莉のキャストは原田ひとみ。ドリクララジオで初遭遇したハラダチャーン、以降ちょいちょいラジオでそのキャラクターを堪能している。アニメの内容もともかく、中の人のほうが気になるダメな俺。ラジオでのW原田対決、天然か計算か、おとぼけな雰囲気で放つシモネタ爆弾を振りまくハラダチャーンをアスミス(アスミッツ)がどうかわすのか。さらにミズハスのお気に入りで、松来さんの後継者とも目される新キャラであるハラダチャーン。松来さんとはパーソナリティを張っていたことがあるようだが、それが“ひだまりらじお”という場でどういう具合になるのか。
スポンサーサイト


Category : テレビ  [2010/01/13(水) 22:00] Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://coffinofrose.blog22.fc2.com/tb.php/84-cbea875e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。