タグ :
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告  [--/--/--(--) --:--]
スポーツナビ+ブログへ

 勝った!勝った日本!

 課題だった終盤も守りきり、本田の虎の子の1点でカメルーンに勝利。パーフェクトとは言えないものの、そんなのは関係なし。ワールドカップで勝った、それこそに意味が、価値がある。

 本田のトップ起用は急ごしらえの感はもちろん拭えなかった。しかし体の強さが発揮され、キープによって中盤・守備が疲れるような、奪ってまたすぐ奪われてのような急展開シーンはだいぶ減った。サイドに大久保・松井を置いたことでタテ攻撃が増え、相手の陣形が整いきる前にフィニッシュ段階まで構築できていた。なにより、個人での突破意識が増した。両翼の二人はアクセント以上のもので、ゴールに迫るシーンを演出した。

 ディフェンスはフォローの寄せが良く、相手から精度の高い展開を奪った。ただ、取りきれないシーンもあってヒヤヒヤした。クリアの精度が若干甘くて、ハッキリとラインを割らすのもいいのだが、速攻とまではいかないまでも、ボールを生かせるようなクリアができればかなり楽になるだろう。エトーが予想通りサイドポジションで起用され、本人の瞬発的な爆発力そのものは多少削がれて助かったと思う。後半、ポジションを修正してくると思ったが、ウェボの動きを活性化させるぐらいだったようで、そういうベンチワーク、ピッチと首脳陣との連携に助けられたか。

 キーパー川島がツイていた。クロスの処理で腰を打っていたときはまさかと思ったがその後は活躍。結果は相手のファウルだったが、ロスタイムのビッグセーブで1点モノを防ぎ、終盤寄せが甘くて許してしまったミドルシュートはクロスバー。このときばかりは「神GK」の系譜を継承したかと思ってしまった(浮かれてたな、俺)。

 阿部ちゃんがディフェンス面では活躍したが、攻撃の面ではもったいないミスが目立ったか。まあ、阿部の役割を考えれば御の字なのだが、やはり質の高いスピーディな攻撃に移るためには、ボールを奪った段階から精度を高めてほしい。そのためか中央の推進力は削がれ、チャンスは終盤の長谷部のミドルくらいで、ほとんどの展開はサイド、特に右サイドを徹底的に侵した。

 終盤、ディフェンスラインが下がり目になったのは仕方ないと思うが、次のオランダの攻勢を受け止めきれるとは思えない。現実的に目標がドローになるオランダ戦。オランダが序盤で決めに懸かるか、徐々にスロットルを上げていくかわからないが、後手後手に回ると大惨敗もありうる。守備の意識はさらに強まり、攻撃は鋭く素早く少ない手数で反攻しなければならない。ハードな試合になるであろうオランダ戦は、カメルーン戦以上の意識統一、ベンチワーク、チームの一体感が必要だろう。慎重に慎重を重ねたゲーム展開と、攻撃ではフィニッシュまで行ききる大胆さで優勝候補と渡り合ってほしい。

 オランダ戦の現実目標はドロー、できるだけ大敗を避けるというどうしてもネガティブになってしまう相手だが、まだワールドカップ(非自国開催)初勝利の余韻に浸っていたい…
スポンサーサイト
Category : スポーツナビ+ブログ  [2010/06/15(火) 18:00] Comment:0 | TrackBack:0
グループステージ編

 アメリカが組み合わせに恵まれベスト4へ。アフリカ勢はベスト8に進めず。

つづきを読む
Category : スポーツナビ+ブログ  [2010/06/11(金) 18:30] Comment:0 | TrackBack:0
直前の変則トレーニングマッチでも得点を奪えなかった日本。ここにきて、ポジションさえも動かしてシステム構築に苦心する岡田監督。日本代表への不安は拭いきれませんが、大会はきょう開幕。

 今回は予想をやってみる。

 不毛とわかっていても、自分の見識の無さを露呈させてしまうとわかっていても、星取予想はやってみたくなる。

 全試合の勝ち負けを予想。単純にグループの順位だけを示しても、試合順とか別試合の結果というのは、少なからず戦い方や精神面に影響があると思うので、そこが大事なんだろうと載せてみた。その癖、希望的観測・ご都合妄想が多分に含まれているので、ぜ~んぜん客観的で論理的でない。

 という、前置き・逃げ口上を連ねる。妄想に興味がある人はお付き合いください。

つづきを読む

決勝ラウンド編
Category : スポーツナビ+ブログ  [2010/06/11(金) 14:00] Comment:0 | TrackBack:0
  スポーツナビ+ブログへ

 90分続くわけが無いし、今から90分持たせる走力を鍛えるのは厳しいだろう。出来たとしても、0-0や0-1では何にもならない。サッカーの本来の目的は相手ゴールを揺らすことだ。守備に奔走するのは、次の「ゴール」という本来の目的への手段に過ぎないはずだ。マタイセンが言うように、序盤のプレッシングや中盤でのパス回しは(そこそこ)良い。だが、体力が落ちた後は惨状だった。

 前半はプレスも良く効いて、パスワークからゴールを窺うようなシーンも多かった、ように見えた。オランダは瞬発的にスピードを上げて2,3人でゴールを鋭く狙うシーンはあったが、厳しい攻めの時間帯は少なかった。所詮相手は日本だからと、調整のために流していたのは明らかだったが、そこを突いてオランダを叩き起こすゴールが無かったのが非常に残念。

 ずっと同じパターンで動き続け、ゴール前に迫ってもなんとなくボールを失う。シュートも力無し。残念なのはゴールの匂いが感じられないということだ。チームの取り組みとして、中盤のボール回しで崩しチャンスを窺うのだろうが、それがほぼ封じられた時は本当に手詰まりになっている。相変わらず攻撃の手数が多くてディフェンスに準備時間を与えるし、オランダクラスだとちょっとした時間で態勢は整う。

 0-3という結果は勿論残念だが、攻撃面での意識・精度の変化が感じられなかったのが、毎度のごとく残念だった。ボールを奪ってからが重要で、少ない手数で少ない人数で精度の高い攻め、できるだけ正確なフィニッシュに至る。勿論、相手が世界クラスになれば正確なシュートなんて数本だろうが、大事なのはゴールへの強い意識・意志だと思う(これは常に記してきたが)。

 ガーナ戦を前に、攻撃に関しての意識を選手間で確認したようだが、ようやくといった印象だ。今までも無かったはずは無いだろうが、試合には表れていなかった。ただ“ゴール前の迫力”というのはただ人数を懸けるだけでなく、前述のように少ない人数でも鋭くゴールを狙える精度とか、多彩なパターン(緩急、サイド、エリア内外、バイタル)とかだろう。

 ガーナはW杯予選に集中し、そしてその試合で本大会出場を決めた。日本戦のモチベーションは高いとは言えず、テスト・調整の意味合いがかなり強いだろう。現地正午開始の異例な試合を、日本はどのような試合にするのか。
Category : スポーツナビ+ブログ  [2009/09/09(水) 17:30] | TrackBack:0
 中3日でのカタール戦は1-1のドローだった。開始早々にカウンターからオウンゴールを誘い日本が先制。しかしその後はサイドを破られたり、日本の生命線のはずのパスワークも乱れた。コンディション不調で中盤の不和も重なり、無駄なディフェンスを強いられさらに疲れていった。疲れによる連携ミス・パターン硬直化、判断の遅れが目立った。それでも日本は、90分通してゴールにチャレンジし続けた。

 個人的には「勝負に徹する」ことに期待をしていた。しかし現実にチームがこの試合の目的を何とするかは別で、テストならテスト、流すなら流すでよかった。長谷部出場停止・遠藤リタイヤで、図らずも中盤はテストケースにならざるを得なかったが、全体的にはどうしたかったのだろう。

 ウズベク戦ほどではないものの、カタール寄りな笛が散見された。しかし試合が進めば、笛を吹いてもらえないのはわかっていたはずで、それをどう打破するかを改めて見たかった。投入された本田・松井は個人突破に期待がかかる。が、それは日本のパスワークがあって、アクセントとして個人技が光るのだと思う。ある程度攻撃が活性化されたが決め手にはならなかった。パスワークが活きている状況なら、また違っていたかもしれない。カタールはなかなか躍動し度々ゴールに迫ったが、決定的チャンスを逸してくれたおかげで、敗戦には至らなかった。

 「勝負に徹する」というのは、ホーム6万人の前でも残り88分1-0を無難に流すという徹し方もあった。それはそれで「覚悟」と捉えられるだろう。興行的には…だが。結果論とは言え1-1で失望されるなら、白けても1-0で“勝ちきる”地力をみせればまだ評価できた。不調なら不調なりの試合運びがあるはずだ。テストと開き直って、“ごっそり”スタメンを入れ替えたほうがまだ明確だった。

「対戦してテクニカルの部分では高い資質を持っていると思った。しかしそれを世界相手にしていく場合改良する点がたくさんあると思う。技術レベルに満足していてはいけないと思う。それと同時にプレスをかけられたり、仕掛けられたときに対抗できないから、アスレティックな部分でももっとやっていかなくてはいけないと思う。
 それと、日本は相手からプレスをかけられると道を見失うところがあると思う。ゲームをどこにもっていけばいいのかわからない点がある気がするので、そこを変える必要があると思う。(以下略)」
 ――ブルーノ・メツ(試合後会見、J's GOAL)

 試合中にゲームプランを替える流動性というか、そういう時のピッチ上での選手間の疎通というか、そういうところも深めてほしい。岡田監督は1-0でコントロールすることはせず、チャレンジし続けろと語ったようだが、本大会に向けたチャレンジって攻撃姿勢だけなのだろうか。どこかの場面でリスクを共有し、押し込む時間帯を作るのはいいと思うが、通して得点を狙い続けるのはどうかと思う。

 次の豪州戦は「1位突破」「最終予選有終の美」「ドイツでのリベンジ」など、それこそ無意味なプレッシャーがより声高になりそう。カタール戦が残念だっただけに、バックアップメンバーの奮起に期待したいが。
Category : スポーツナビ+ブログ  [2009/06/11(木) 23:30] | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。